• Category : -
  • by スポンサードリンク
  • 2012/09/20 [ Thu ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

 第58回全日本剣道選手権大会の「要項抜粋」を掲載いたしました。ご活用ください。

1.趣旨

 剣道の普及振興を図るため、各都道府県剣道連盟登録会員の中から最も心技力に優れた選手により、天皇盃の獲得を目指し優勝を争い、広く剣道愛好者に披露すると共に剣道の真価を世に示し、一般の認識を深めようとするものである。

2.期日

 平成22年11月3日(祝)
 午前9時45分開会 午前10時15分試合開始

3.会場

 日本武道館
 東京都千代田区北の丸公園2の3
 電話03−3211−5804
 *東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線
 「九段下駅」2番出口より徒歩5分

4.主催

 財団法人 全日本剣道連盟

5.主管

 財団法人 東京都剣道連盟

6.後援

 文部科学省、読売新聞社、財団法人 日本武道館

7.選手権者の決定

 各都道府県剣道連盟より選出された代表選手による、トーナメント方式によって選手権者を決定する。

8.出場選手資格および人員

(1)各都道府県剣道連盟の登録会員であって、全日本剣道連盟登録者規程に適合している男子。

(2)年齢は満20歳以上とし、段位の制限はしない。(年齢計算は、今大会前日の平成22年11月2日を基準とし、平成2年11月2日以前に生まれた者)

(3)予選出場は1ヶ所とする。違反した者は出場を取り消す。予選会出場は、平成22年4月30日以前から本大会参加時まで、引き続き当該都道府県剣道連盟の登録会員であること。

(4)出場選手人員は次のとおりとする。
  ア 東京 4名
  イ 埼玉、大阪、福岡 3名
  ウ 北海道、茨城、千葉、神奈川、静岡、愛知、兵庫 2名
  エ その他の府県 1名
  オ 前年度優勝者 1名【計64名】

9.試合・審判および試合方法

(1)財団法人全日本剣道連盟 剣道試合・審判規則とその細則による。

(2)試合はトーナメント方式により、優勝、第2位、第3位(2名)を決定する。

(3)試合は3本勝負とし、試合時間は5分とする。4回戦・準決勝・決勝は試合時間10分とする。試合時間内に勝敗の決まらない場合は、延長を行い、先に1本取った者を勝ちとする。なお、延長に入ってからの試合時間は区切らすに行う。

(4)3回戦までは2試合場で行う。

10.ドーピング検査の実施について

 国際剣道連盟および財団法人全日本剣道連盟のアンチ・ドーピング規程(平成19年4月1日施行)に基づき、全ての大会がドーピング検査の対象となり、同検査が実施される可能性があります。禁止薬物および禁止方法については、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が定める規程に基づきます。 検査対象者としての通知を受けた場合は、通告者の指示に従い、同検査実施にご協力をお願いいたします。

11.表彰

(1)選手権者には、天皇盃・優勝旗・優勝杯・賞状および賞品を授与する。

(2)第2位、第3位には賞状および賞品を授与する。

(3)優秀選手には、賞品を贈る。

(4)出場選手に参加賞を贈る。


「記事一覧」へ戻る

  • -
  • -
  • Category : -
  • by スポンサードリンク
  • 2012/09/20 [ Thu ]

スポンサーサイト

  • -
  • -
このブログについて
財団法人全日本剣道連盟では、このブログを活用し、主催大会を中心に積極的に情報を発信していきます。
また、公式Twitterでも情報を発信しています。合わせてご覧ください。

東北地方太平洋沖地震、被災者お見舞い


twitterアカウント移動のお知らせ



カレンダー
<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
記事カテゴリー
これまでの記事
最新の記事
Mobile
qrcode
Sponsored Links