• Category : -
  • by スポンサードリンク
  • 2012/09/20 [ Thu ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

 第49回全日本女子剣道選手権大会の「みどころ」を掲載しました。

 −第49回全日本女子剣道選手権大会組み合わせを見て−

◎大局

 昨年度の覇者、埼玉の村山が2連覇、5度目の優勝を賭ける。

 職業別にみると、警察官18名、学生17名、教員14名、会社員6名、非常勤講師・団体職員・主婦が各2名、高校生・大学職員・刑務官が各1名となる。初出場者は64名中26名と約4割を占める。段位別では六段が6名、五段14名、四段30名、三段14名と段位幅が広く、また年齢層も18歳から39歳とこれまた幅広い。

 さて本大会の見所であるが、前述の選手層からして各ブロックから探るのは難しく、職種や年齢・実績といった別の角度から探ってみたい。

◎「警察官」対「学生」対「教員」

 先ずは「警察官」、連覇を狙う村山に小池(東京)・山下(東京)・田中(京都)・山本(大阪)・川越(兵庫)が有力視される。警察は訓練体制に恵まれており、稽古量で他に優る。

 「学生」では鹿屋体育大の高馬(岡山)・鰺坂(福岡)、筑波大の金井(茨城)など、今夏の合宿等で技術的・精神的にも向上し、秋の学生大会で充実している時期。何より若さゆえのパワーとスピードは頼もしい武器である。

 そして「教員」は世界大会個人優勝の杉本(京都)を始め、下川(鹿児島)・古室(千葉)・荒井(埼玉)など高校・大学時代から実績のある勝負師が揃っている。

◎「初出場者」対「ベテラン実力派」

 今大会の「初出場者」は26名―内訳は学生(含高校生)15名、警察官4名、教員2名、会社員4名、団体職員1名。果して狃藹仂貊虱ゾ´瓩叛るか興味津津。

 一方「ベテラン実力派」としては17回目出場の村山を筆頭に、16回目の田中(京都)・10回目の小村(島根)・森(高知)、8回目の竹本(北海道)・古室(千葉)・須坂(長野)・杉本(京都)、また世界大会個人優勝の鷹見(千葉)を始め、警察選手権・学生選手権の優勝者など錚々たる選手の試合は、勝敗を抜きに観戦したい。

 最後に、唯一の高校生である吉川(栃木)に熱いエールを送りたい!

(文中敬称略)

広報委員会委員 田村 徹

第49回女子選手権_前年度優勝村山選手
▲上記写真:前年度、第48回大会優勝の村山千夏選手

この記事は、月刊「剣窓」平成22年10月号に掲載される予定です。

「記事一覧」へ戻る

  • -
  • -
  • Category : -
  • by スポンサードリンク
  • 2012/09/20 [ Thu ]

スポンサーサイト

  • -
  • -
このブログについて
財団法人全日本剣道連盟では、このブログを活用し、主催大会を中心に積極的に情報を発信していきます。
また、公式Twitterでも情報を発信しています。合わせてご覧ください。

東北地方太平洋沖地震、被災者お見舞い


twitterアカウント移動のお知らせ



カレンダー
<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
記事カテゴリー
これまでの記事
最新の記事
Mobile
qrcode
Sponsored Links