• Category : -
  • by スポンサードリンク
  • 2012/09/20 [ Thu ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

 第58回全日本剣道選手権大会の「みどころ」を掲載しました。

 −果たせるか連覇、3度目の賜杯にかける内村−

 内村が2度目の優勝を果たしてはや1年、第58回を迎えた本大会、出場選手の構成は、警察官56名、教員・会社員が各2名、刑務官・学校職員・医師・学生が各1名と職業的には分かれているが、警察官が9割近くを占める。最年長は38歳、最年少は22歳、初出場者は64名中25名(39%)と多い。段位別では七段1名、六段19名、五段33名、四段10名、三段1名で、五段が圧倒的に多い。

◎〈第1ブロック〉

 このブロックには第55回大会の覇者、寺本(大阪)が控える。また昨年ベスト8の米屋(埼玉)、ベスト16の宇賀(高知)など連続出場者が7名とひしめく。その他、医師の乗本(鳥取)・教員の鹿野(山梨)、また2年前に学生出場で名を馳せた畠中(東京)など多彩な顔ぶれでの激戦区となる。

◎〈第2ブロック〉

 ここでは今年の全国警察選手権で優勝した高鍋(神奈川)が、勢いに乗じて初優勝をねらう。また世界大会出場の田中(京都)や木和田(大阪)など歴戦の勇士もいる。他方、上段では荒川(栃木)や仲間(沖縄)、また今回唯一学生出場を果たした遅野井(茨城)などの活躍も期待したい。

◎〈第3ブロック〉

 ここは内村の連覇、3度目の優勝に期待がかかる。このブロックは学校職員の相馬(福井)の他は全員警察官で互いに手の内を知り尽くしている。また初出場者が7名と多く、5回以上のベテランは、内村の他は花木(岐阜)・山下(宮崎)だけで、その内村と花木は初戦対決する。果して内村の伏兵は現れるか。

◎〈第4ブロック〉

ここにはベテランが居並ぶ。7回目の出場となる上段の盧筺弊轍)は昨年3位、6回目の川木(山形)・外山(愛知)、5回目の原田(福島)・松岡(福岡)など常連組が今年こそと天皇盃をねらう。会社員の宍戸(滋賀)、教員の小村(島根)、刑務官の尾池(岡山)など、警察官との対戦も見所となる。

 この戦いの決着はいかに、ぜひに日本武道館にて検証願いたい。

広報委員会委員 田村 徹

第57回全日本剣道選手権大会優勝内村選手
▲上記写真:前年度、第57回大会優勝の内村良一選手

この記事は、月刊「剣窓」平成22年11月号に掲載される予定です。

「記事一覧」へ戻る

  • -
  • -
  • Category : -
  • by スポンサードリンク
  • 2012/09/20 [ Thu ]

スポンサーサイト

  • -
  • -
このブログについて
財団法人全日本剣道連盟では、このブログを活用し、主催大会を中心に積極的に情報を発信していきます。
また、公式Twitterでも情報を発信しています。合わせてご覧ください。

東北地方太平洋沖地震、被災者お見舞い


twitterアカウント移動のお知らせ



カレンダー
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
記事カテゴリー
これまでの記事
最新の記事
Mobile
qrcode
Sponsored Links