• Category : -
  • by スポンサードリンク
  • 2012/09/20 [ Thu ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

 第37回全日本杖道大会の会場となる「東京武道館」の地図ならびにアクセス情報を掲載いたしました。ご活用ください。


大きな地図で見る

東京武道館
 〒120−0005 東京都足立区綾瀬3−20−1
 TEL:03−5697−2111
 URL:http://www.tef.or.jp/tb/index.php/

アクセス:東京メトロ千代田線「綾瀬駅」東口より徒歩5分

「記事一覧」へ戻る

  • -
  • -

 第37回全日本杖道大会の「大会要領」を掲載いたしました。ご活用ください。

1.試合方法

(1)あらかじめ2人1組を抽選により、トーナメント方式にて、初段・二段・三段の部は準決勝まで行い、四段・五段・六段・七段の部は1位、2位を決める。
(2)判定は仕・打交代して勝敗を決める。
(3)2人1組の選手は、同段位とする。

2.演武の本数と指定技

(1)段別個人試合

演武本数は、各段位とも6本とし、指定技は下記のとおりとする。

【初段の部】
  |緇鵝↓⊃綏遏↓0提、ぜ侈漫↓ズ鹸咫↓κ見

【二段の部】
  /綏遏↓引提、斜面、ず鹸咫↓ナ見、Σ

【三段の部】
  ^提、⊆侈漫↓左貫、な見、ゲ癲↓β静疝

【四段の部】
  ー侈漫↓∈鹸咫↓J見、げ癲↓ヂ静疝遏↓ν訛

【五段の部】
  〆鹸咫↓∧見、2癲↓ぢ静疝遏↓ネ訛如↓正眼

【六段の部】
  (見、霞、B静疝遏↓ね訛如↓ダ鬼磧↓ν靂

【七段の部】
  _癲↓太刀落、M訛如↓だ鬼磧↓ネ靂院↓ν霍

初段・二段・三段の部は、決勝戦を行わない。
演武は、 ↓◆↓、ぁ↓ァ↓Δ僚腓帽圓ぁ∩鞍升核椶如峪邸β如弩鯊紊掘後半3本を行う。

(2)個人演武(全剣連杖道の部)

演武本数は、七段・八段とも5本とし、仕・打交代せず指定技は下記のとおりとする。

【共通】
  ‖静疝遏↓⇒訛如↓正眼、ね靂院↓ネ霍

(3)個人演武(古流の部)

演武本数は、七段・八段とも5本とし、技は任意とする。

3.審判方法

(1)審判員は、3名を以って構成する。
(2)勝敗は、3名の審判員の多数決による。
(3)全剣連杖道「審判上の着眼点」による。
(4)主審は、試合者が開始線の位置についた時、「始め」と宣告して試合を開始させる。
(5)試合の終了と同時に、審判員は起立し、主審の「判定」の合図により、三者同時に意思表示する。
(6)主審は、「赤(白)の勝ち……勝負あり」と宣告する。

4.服装

(1)審判員は、剣道着・袴を着用し、名札を左胸部に付けること。
(2)段別個人試合および個人演武出場者は、剣道着・袴を着用し、名札を左胸部に名札を付けること。


「記事一覧」へ戻る

  • -
  • -

 第37回全日本杖道大会の「要項抜粋」を掲載いたしました。ご活用ください。

1.趣旨

 全日本剣道連盟杖道の普及徹底を期すため、日頃の稽古の成果を競い合う大会であり、体得した技倆と気魄を助長させることにある。また各地より参集した選手の親睦を深める場とし、もって斯道のより一層の発展を期すものである。

2.期日

 平成22年10月17日(日)
 午前9時開場、午前9時45分開会

3.会場

 東京武道館
 東京都足立区綾瀬3‐20‐1
 電話03‐5697‐2111

4.主催

 財団法人 全日本剣道連盟

5.主管

 財団法人 東京都剣道連盟

6.出場選手資格

(1)段別個人試合出場者

ア.各都道府県剣道連盟の登録会員であること。
イ.本連盟杖道初段、二段、三段、四段、五段、六段、七段受有者であること。ただし、審判員に選ばれた者は出場できない。
ウ.男子、女子、年齢、職業の制限を設けない。

(2)個人演武出場者(全剣連杖道の部)

 各都道府県剣道連盟の登録会員であって、本連盟の杖道教士七段以上の者。杖道教士七段の者は、段別個人試合および個人演武の両方に参加することができる。ただし、古流の個人演武との重複申し込みはできない。

(3)個人演武出場者(古流の部)

 各都道府県剣道連盟の登録会員であって、本連盟の杖道教士七段以上の者。杖道教士七段の者は、段別個人試合および個人演武の両方に参加することができる。ただし、全剣連杖道の個人演武との重複申し込みはできない。

(4)段別個人試合および個人演武参加申込者の段位基準日については、平成22年8月31日現在とする。

7.試合・審判および試合方法

(1)財団法人 全日本剣道連盟、杖道試合・審判規則とその細則、および別紙大会要領により行う。
(2)初段、二段、三段、四段、五段、六段、七段の7種に分け、段別個人試合(2人1組)を行う。
(3)試合は、トーナメント方式により行う。

8.表彰

(1)初段、二段、三段の上位2組に対し、優秀賞を授与する。
(2)四段、五段、六段、七段の1位、2位に対し、賞状および賞品を授与する。
(3)出場選手に参加賞を贈る。


「記事一覧」へ戻る

  • -
  • -
このブログについて
財団法人全日本剣道連盟では、このブログを活用し、主催大会を中心に積極的に情報を発信していきます。
また、公式Twitterでも情報を発信しています。合わせてご覧ください。

東北地方太平洋沖地震、被災者お見舞い


twitterアカウント移動のお知らせ



カレンダー
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
記事カテゴリー
これまでの記事
最新の記事
Mobile
qrcode
Sponsored Links